Milton Time 笑顔のじかん・ミルトンタイム

「ミルトンタイム」とは、ミルトンがママへプレゼントする、笑顔になれる時間のこと。ママと赤ちゃん、そして家族みんなが健やかで素敵な笑顔になれる役立つ情報や楽しい話題をご紹介していきます。

「ミルトンタイム」とは、ミルトンがママへプレゼントする、笑顔になれる時間のこと。ママと赤ちゃん、そして家族みんなが健やかで素敵な笑顔になれる役立つ情報や楽しい話題をご紹介していきます。

  • ホーム
  • プレママ
  • ママ
  • プレパパ パパファミリー

こころとからだのハッピーアドバイス

こころとからだのハッピーアドバイス

こころとからだのハッピーアドバイス

梅雨のシーズンが到来!6〜9月は注意が必要な時期です

細菌性胃腸炎といえば、冬に流行するノロウイルスやロタウイルスがよく知られていますね。しかし下の表をご覧ください。1〜3月に続き、6、7、9月の発生件数が多くなっています。発生場所は飲食店に続いて、家庭が多くなっています。つまり梅雨の時期の家庭は細菌性胃腸炎(食中毒)が発生しやすいのです。

とくに6月に増えるのは、カンピロバクター。おもに鶏肉などの食肉に含まれる細菌で、生野菜や飲料水からも感染します。感染すると少量でも、発熱、倦怠感、頭痛、吐き気、腹痛、下痢などを発症します。十分に加熱調理し、調理器具も熱湯消毒するほか、接触による感染を防ぐことが必要です。

梅雨のシーズンが到来!6〜9月は注意が必要な時期です
梅雨のシーズンが到来!6〜9月は注意が必要な時期です
とくに赤ちゃんは注意が必要!?
とくに赤ちゃんは注意が必要!?

離乳食のはじまっている赤ちゃんはもちろんのこと、栄養が豊富で水分量の多いミルクは細菌が繁殖しやすく、細菌性胃腸炎が心配です。さらに哺乳びんの乳首やマグ、搾乳器など、洗いにくく汚れが残りやすい形状のものがベビーグッズには多いため、より注意が必要です。

グラフをご覧ください。赤ちゃんの抵抗力はとても低く、1歳になってもまだ大人の半分程度しかありません。とくに生後3カ月までが要注意。ママから受け継いだ抵抗力は生まれたときからどんどん低下します。その後約10カ月かけて生まれたときと同じレベルに戻ります。つまり1歳未満の赤ちゃんは細菌に感染しやすく、回復力も弱いということ。少量の細菌でも大事に至る危険があるため、しっかりと細菌から守ってあげなくてはいけないのです。

ベビーグッズは洗浄+消毒で清潔に
ベビーグッズは洗浄+消毒で清潔に

では細菌から赤ちゃんを守るにはどうすればよいのでしょうか。それは、哺乳びんや離乳食器、おしゃぶりやおもちゃなど赤ちゃんが口に触れるものはすべて、最初に汚れをしっかり洗浄して落とすこと、さらに消毒をすること。この洗浄と消毒を行うことが重要です。

まずミルクカスやよだれなどのタンパク汚れをしっかり落とさないと、消毒が効果的に行えません。たとえば哺乳びんに残ったわずかなミルクのカスは、病原菌のすみかになる可能性があります。そして膜状になったカスは煮沸などで固まり、繰り返すと取り除けなくなります。これではいくら消毒をしても効果が発揮できません。

また洗浄だけでは取り除けない菌もあります。洗浄と消毒の2つを行うことが大切です。哺乳びんなどのベビー用品の汚れを落とす際は、ベビー用洗剤を使うことをおすすめします。通常の食器用洗剤はおもに油汚れを落とすためのもの。母乳やミルク、よだれなどのタンパク汚れをしっかり落とすには、赤ちゃんにやさしいベビー用の洗剤がおすすめです。

正しい洗い方&消毒方法をマスターしましょう!
正しい洗い方&消毒方法をマスターしましょう!

Step1.ベビー用洗剤ですみずみまで洗います

使用した哺乳びんやさく乳器は、パーツを分解しベビー用洗剤で洗います。ほ乳びんの底まで洗える専用のブラシがあると便利です。哺乳びんの乳首部分は破らないようにやさしくもみ洗い。最後は流水でしっかりすすぎましょう。

薬液消毒だけでなく、電子レンジや煮沸での消毒の前にもきちんと洗うことが大切です。

正しい洗い方&消毒方法をマスターしましょう!

正しい洗い方&消毒方法をマスターしましょう!

Step2.消毒溶液をつくり、まんべんなくひたします

専用の容器に説明書の記載通りミルトンなどを入れ、消毒溶液をつくります。水は水道水でOKです。溶液の中に、消毒する哺乳びんやベビーグッズをひたします。気泡が入らないように、溶液とまんべんなく接するように注意しましょう。

正しい洗い方&消毒方法をマスターしましょう!

Step3.1時間以上ひたしたら、溶液から取り出し使います

消毒溶液にひたし、1時間以上たったら消毒は完了です。付属のトングで取り出し、溶液を振り切ります。においが気になるなら、水道水ですすぎましょう。すすいでも消毒効果は落ちません。

正しい洗い方&消毒方法をマスターしましょう!

いろいろなベビーグッズをまとめて消毒!

ガラス、陶器、プラスチック、ゴムなどすべて一緒に消毒できます。
哺乳びんだけでなく、赤ちゃんの口にふれる離乳食器やおしゃぶり、よだれなどで不衛生になりやすいおもちゃなども消毒しましょう。

※金属腐食性、漂白作用があります。使用上の注意をよく読んで正しくお使いください。

浅井貴子 先生

浅井貴子 先生

助産師。マタニティアロマセラピスト。ベビーマッサージ教室「カモマイル」主宰。新生児訪問指導歴約20年以上のキャリアを持ち、調布市を中心に年間400件近い新生児訪問を行いながら、All aboutの育児相談ガイドとしても活動中。また、母親学級やベビーマッサージ、プレママ向けのセミナーの講師を多数務め、母と子のナチュラルケアブランド「AMOMA」の商品開発も行う。

Column ベビー用洗剤「洗剤Milton 哺乳びん・さく乳器・野菜洗い」が新発売!
Column ベビー用洗剤「洗剤Milton 哺乳びん・さく乳器・野菜洗い」が新発売!

このたび、杏林製薬よりベビー用洗剤「洗剤Milton 哺乳びん・さく乳器・野菜洗い」を新発売いたしました! 植物性の洗浄成分を使用した赤ちゃんにやさしい洗剤で、泡立ちよくすっきり、しっかりと汚れを落とします。哺乳びんやさく乳器などのベビーグッズの洗浄にピッタリです!
離乳食用野菜や果物の洗浄などにもお使いいただけます。

バックナンバーはこちら